基本情報

沖永良部島(おきのえらぶじま)は、鹿児島の南約552km、沖縄の北約60kmに位置する離島。お隣の島は、北側が徳之島、南側が与論島で、奄美群島に属します。行政区は鹿児島県大島郡ですが、気候は亜熱帯性で沖縄とよく似た気候です。

エラブユリをはじめとする花卉類の栽培や農業が盛んで、ハブがいません。隆起サンゴの島で大小約200~300の鍾乳洞があり、花と鍾乳洞が島の代名詞となっています。

近年では、ギンガメトルネード(春)、ザトウクジラ(冬)などダイビングスポットとしても注目され、ひそかな人気となっています。

地図

コメントは受け付けていません。

 

沖永良部島のおすすめ観光情報

クジラスイム

毎年冬沖永良部島の海にやってくるザトウクジラ。そのクジラたちに出会う夢のような感動体験です。クジラスイム 沖永良部島むがむがダイビング

 

洞窟探検ツアー

沖永良部島のとってもきれいな鍾乳洞を体験できるケイビングツアー。沖永良部はサンゴが隆起した島で、洞窟がたくさんあり「聖地」といわれるほど。夏はひんやり、冬は暖かな異空間でアドベンチャー!ケイビング洞窟探検ツアー